東京国際ボートショー公式サイト

国内マリン業界のイベント最高峰「東京国際ボートショー」公式サイト。東京国際ボートショーでは24時間365日常時ヨット、ボートを新艇から中古艇まで展示中!(入場無料)

東京国際ボートショー史

東京国際ボートショーは、24時間365日常時オンラインで新艇から中古艇までボートやヨットを多数展示しています。日本国内最大級のボートショー会場となります。

オンライン東京国際ボートショーは入場無料です。

東京国際ボートショーの起源は意外に長く、インターネット以前、オンラインで開催されるようになるずっと以前からのリアル会場で展示していた頃まで遡ることができます。

東京国際ボートショーの歴史

以下、東京国際ボートショーについての歴史

東京国際ボートショーは、1962年に日本における初めての本格的規模なボートショーとして、第1回を東京の千駄ヶ谷・東京都体育館で出展会社29社にて開催し、その後、第39回では、出展会社151社、入場者数14万人を数えました。

1962年

日本における初めての本格的なボートショーとして千駄ヶ谷の東京都体育館で開催されました。

1964年

その後、晴海の東京国際見本市会場にて毎年一回定期的に開催されるようになりました。

1997年

第36回東京国際ボートショーから有明の東京ビッグサイトにて開催されるようになりました。

2005年

東京国際ボートショーは、第44回の開催を迎えました。

2007年

その後、リアルなボートショーは、ジャパンインターナショナルボートショーと名称が変わりました。

2014年

東京国際ボートショーは、オンライン上にて開催されるオンラインボートショーとして新誕生しました。

新艇ボート、中古ボート、新艇ヨット、中古ヨット(セーリングヨット)、水上オートバイ、中古水上オートバイ(水上バイク/PWC)、新艇、中古艇、新船、中古船、漁船、中古漁船、ディンギー、中古ディンギー(セーリングディンギー)、新品マリンパーツ、中古マリンパーツ(部品)小さな手漕ぎボート、ヨットから大型ボート、ヨット、メガヨット、大型船舶まで入場、閲覧無料!

2021年

東京国際ボートショーは、会場内に国内のマリン業者を集めたマリン業者リストのコーナーを始めました。

未来

これからも、東京国際ボートショーの新たな歴史を、ご来場される全ての皆様と共に刻み続けて参ります。

Copyright © 2014-2022 東京国際ボートショー公式サイト All Rights Reserved.

Designed by Yumi