出展する

マリンスクエア


世界最大級のオンラインボートショー

新艇ボート、中古ボート、新艇ヨット、中古ヨット(セーリングヨット)、水上オートバイ、中古水上オートバイ(水上バイク/PWC)、新艇、中古艇、新船、中古船、漁船、中古漁船、ディンギー、中古ディンギー(セーリングディンギー)、新品マリンパーツ、中古マリンパーツ(部品)小さな手漕ぎボート、ヨットから大型ボート、ヨット、メガヨット、大型船舶まで入場、閲覧無料!

販売業者はその場で商談、入場者はそのまま買える!東京国際ボートショーへの出展は無料!出展無料だから販売業者は経費削減で新艇も出展できる。だから販売利益も大幅アップ!入場者にとってもその分安く買えてお買得!

中古艇コーナーは複雑な登録なしで出展できるから個人ユーザーから販売業者までどなたでも気軽に出展。新艇コーナーも初めに簡単な事業者登録さえすれば後は簡単に出展できます。出展内容は販売者が簡単に変更、更新できるから専門誌などに出稿するよりもはるかにタイムリーに情報をお届けできます。

いま注目の新艇・中古艇の本格的な展示売買会場サイトだから本気の商談ができる、驚異の成約数!あなたも今すぐに東京国際ボートショーに出展してみよう!

東京国際ボートショーとは

1962年
日本における初めての本格的なボートショーとして千駄ヶ谷の東京都体育館で開催されました。

その後、晴海の東京国際見本市会場にて毎年一回定期的に開催されるようになりました。

1997年
第36回東京国際ボートショーから有明の東京ビッグサイトにて開催されるようになりました。

2009年
その後、リアルなボートショーはジャパンインターナショナルボートショーと名を変え、東京国際ボートショーはオンライン上にて開催されるようになりました。

マリンライフ・暮らしの手帖

マリーナステイやマリンライフに役立つ暮らしの手帖を発信しています。

ヨット・ボート造船所一覧

東京国際ボートショーとは

1962年
日本における初めての本格的なボートショーとして千駄ヶ谷の東京都体育館で開催されました。

その後、晴海の東京国際見本市会場にて毎年一回定期的に開催されるようになりました。

1997年
第36回東京国際ボートショーから有明の東京ビッグサイトにて開催されるようになりました。

2009年
その後、リアルなボートショーはジャパンインターナショナルボートショーと名を変え、東京国際ボートショーはオンライン上にて開催されるようになりました。