Yarmouth 33
Yarmouth 23
Challenger

入場受付

東京ボートショーに事前登録しよう
東京国際ボートショーにご来場ありがとうございます。

東京国際ボートショーは、24時間365日常時オンラインで開催されている東京、日本国内最大級のボートショー会場となります。

オンライン東京国際ボートショーは入場無料です。
東京国際ボートショーすべての展示会場は、入場無料にて閲覧できます。

東京国際ボートショー・エントランスにて「事前登録」を済まされますと、東京国際ボートショー会場内の様々なコーナーをより楽しんでいただけるようになっています。

※新艇・中古艇各展示コーナーは、事前登録しなくても船舶の閲覧できます。

事前登録は、個人・法人を問わずどなたでも簡単なフォームに記入していただくだけで無料でご利用になれます。

世界最大級のオンラインボートショー

新艇ボート、中古ボート、新艇ヨット、中古ヨット(セーリングヨット)、水上オートバイ、中古水上オートバイ(水上バイク/PWC)、新艇、中古艇、新船、中古船、漁船、中古漁船、ディンギー、中古ディンギー(セーリングディンギー)、新品マリンパーツ、中古マリンパーツ(部品)小さな手漕ぎボート、ヨットから大型ボート、ヨット、メガヨット、大型船舶まで入場、閲覧無料!

販売業者はその場で商談、入場者はそのまま買える!東京国際ボートショーへの出展は無料!出展無料だから販売業者は経費削減で新艇も出展できる。だから販売利益も大幅アップ!入場者にとってもその分安く買えてお買得!

中古艇コーナーは複雑な登録なしで出展できるから個人ユーザーから販売業者までどなたでも気軽に出展。本格的に展示したいプロフェッショナルな販売業者の方でも初めに簡単な事業者登録さえすれば後は簡単にプロフェッショナル出展できます。出展内容は販売者が簡単に変更、更新できるから専門誌などに出稿するよりもはるかにタイムリーに情報をお届けできます。

いま注目の新艇・中古艇の本格的な展示売買会場サイトだから本気の商談ができる、驚異の成約数!あなたも今すぐに東京国際ボートショーに出展してみよう!

※詳細ページのデザイン、レイアウト、写真の配置については弊社お任かせになります。
※詳細ページ作成後の文面、写真などの変更は、出展管理ページ上にて随時変更可能です。

東京国際ボートショー とは
東京国際ボートショーでは24時間365日常時ヨット、ボートを展示中!
ボートショーやマリンレジャーに関する最新のマリン情報を発信しています。

東京国際ボートショー ガイド

サイト名 東京国際ボートショー

公式URL https://boatshow.tokyo

コンセプト 日本国内におけるマリン業界全体の普及。

事業内容 インターネットコンテンツサービス・ヨット/ボートの新艇展示紹介・ヨット/ボートの中古艇展示紹介・マリン関連の事業者紹介

マリン関連の事業者の方へ 「事業者一覧」のコーナーに掲載がないマリン事業者の方で、掲載をご希望の方は、こちらの お問合わせフォーム よりご連絡ください。(掲載無料)

※各マリン事業者の方の専用ページへの広告出稿も同時募集しています(月額5,000円)。マリン事業者の方は、ぜひご検討ください。

新艇展示会場 http://www.boatshow.tokyo/booth/booth/new/

中古艇展示会場 http://www.boatshow.tokyo/booth/booth/used/

事業者一覧 http://www.boatshow.tokyo/booth/marinebusiness/

本サイトのリンクについて 本サイトへのリンクは原則フリーです。また、リンクに際しての当社へのご連絡は不要です。

サイトへのリンクに関するご注意 フレーム内で当ウェブサイトのページが展開される表示や、当社のサイトであることが不明確となり第三者に誤解を与える可能性がある方法、及び情報発信元を誤認させるような形でリンクを設定する行為などについてはお断り致します。

当社では、リンク元に関し一切の責任を持ちません。
本サイトの内容は予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。

プライバシーポリシー
個人情報保護についての取組み・個人情報の取扱いについて・個人情報保護についての取組みに関しても プライバシーポリシー のページをご覧ください。

お問合わせ http://www.boatshow.tokyo/contact/

東京国際ボートショーの歴史

1962年 日本における初めての本格的なボートショーとして千駄ヶ谷の東京都体育館で開催されました。

その後、晴海の東京国際見本市会場にて毎年一回定期的に開催されるようになりました。

1997年 第36回東京国際ボートショーから有明の東京ビッグサイトにて開催されるようになりました。

2009年 その後、リアルなボートショーはジャパンインターナショナルボートショーと名を変え、東京国際ボートショーはオンライン上にて開催されるようになりました。

ボートショーからの出航前のお願い

ヨット・ボートの使用時は自賠責保険に加入しましょう
自動車の運転の時だけでなく、ヨット・ボート・PWC・遊漁船の使用時も万一の時のために自賠責保険に加入しましょう。

ヨットやモーターボート、ジェットスキー(PWC)の船体保険や賠償責任保険、遊漁船業者のための賠償責任保険も、今はネット上ですぐ保険料の見積もりが出来るようになりました。補償金額や搭乗者傷害、他の特約等の組合わせも自由自在です。

ボートで船中泊するためには

テレワークのショッピングモール【Telework mall】
テレワークタウンの住民は、お店で働いている人も、お店に買いにきた人も、みなテレワーク。船の上で暮らしながら、他の人とはテレワークで接しましょう。

テレワークタウンは人との接触を最小限に暮らせる街 まずは安全な街・テレワークタウンに住もう!(今すぐテレワークタウンに住む

東京国際ボートショー